about POUSSE|プーゼ

プーゼは、フローリスト浦沢美奈のアトリエとして1991年京都下鴨に誕生しました。現在は御所の南側に、プーゼフラワーアレンジメント教室を開講するアトリエプーゼを運営します。浦沢美奈は京都西陣の生まれ。パリスタイルに、京都で育まれたシックながらも華やかな色合いを施す花束は、あしらうリボンを目印に「プーゼスタイル」と呼ばれ、全国にファンを持ちます。「テーブルに花を飾ると幸せが集まってくる」の言葉をテーマに、書籍や様々な花作品の発表を通じて花の楽しみ方を提案しています。

POUSSE はフランス語で「プース」。新芽や発芽のことです。「プーゼ」と読むのは美術館「ミュゼ」と音を合わせた造語です。初々しいものばかりがあふれる小さな美術館のような場所にしようと名づけました。

はじまり

洋書で見た花の色彩の虜になり、あてもなく花の世界に飛び込んで以来、ひたすらそれを追求し続けた浦沢美奈は、1991年、京都下鴨に小さなアトリエ「プーゼ」をはじめました。 当初、浦沢が目指したのは、花を面で束ねるヨーロッパのスタイルでした。パリで多くの花店を巡り研究を重ねた感動を京都でも再現したいと挑戦しましたが、いくら正確に再現しても何かが違いました。悩んだ末に見つけたのが、生まれ育った京都西陣で身についた色彩感覚を自然体で加えることでした。こうして新たなスタイルを見出し、やがてそれが注目されることになりました。

花束やアレンジメントの面を構成する花の色彩や形にこだわり、花合わせの価値の証としてリボンをかけることにしました。店名の入ったオリジナルのリボンは「花束にブランドをつくる」ためのもの。土地柄周りには老舗が多く、代々丁寧に受け継がれた包装は一目でわかります。プーゼの花も「あの店のあれ」と呼ばれ続けたいと考えてはじめました。

いまとこれから

市場の皆様や生産者様との信頼関係を大切にしています。長年一緒に育んできた高い品質のたくさんの品種のばらや季節の花々が与えてくれる喜びを、花を愛する皆様と一緒に愉しみ続けたいと考えています。

about Mina Urasawa | 浦沢美奈(プーゼ 代表 フローリスト)

京都、西陣の生まれ。1991年「テーブルに花を飾ると幸せが集まってくる」の言葉を胸に「プーゼ 」オープン。フラワーアレンジメント教室を開講するアトリエを主宰しながら、出版・広告等でも広く活躍中。パリスタイルに、京都で育まれたシックながらも華やかな色合いを施す花束は、あしらうリボンを目印に「プーゼスタイル」と呼ばれ全国にファンを持つ。 花を活け自ら撮影する著書に「パリ・京都 花のある暮らし12ヶ月 小さな花のナチュラルアレンジ」(佐伯美奈共著 主婦と生活社)、「お花屋さんの花ノート」(文化出版局)、「お花屋さんの花レシピ」(文化出版局)、「花の楽しみ方ブック」(光村推古書院)、「HARMONIE」(マリア書房)、「はなのいろ」(光村推古書院) 、「FLEURS a Kyoto 」(光村推古書院)、「ばらの本」(光村推古書院)、「京都の花屋プーゼの花日誌」(文化出版局)等がある。

2019年 G20大阪サミット首脳会談の花を担当。髙島屋『2019年、2020年タカシマヤばらのカレンダー』花・写真を担当。NHK文化センター京都教室講師。ラ・キャリエール講師。京都栄養医療専門学校非常勤講師。

news of urasawa mina

【再放送 11/21 BS4K 19:00~】「美の壷」NHK BSプレミアム 9/20 金 午後7時30分から

information

2019.11.15

髙島屋様『2020年タカシマヤばらのカレンダー』花・写真担当 浦沢美奈

information

2019.10.17

G20サミット 首脳会談・二国間会議 花担当 浦沢美奈

media

2019.7.2